医師とは – 仕事内容,なり方,タイムスケジュール,キャリア,生涯年収

医師
  • URLをコピーしました!
目次

医師とは何か – 基本概念

医師という言葉は、一般的には医療業務を行う人々を指します。この言葉は、私たちが普段「医者」と呼んでいる人々の正式な呼び名とも言えます。日本で働く医師の役割や責任については、具体的には医師法(昭和23年法律第201号)によって規定されています。

医師法による医師の定義

医師法の第1条は、「医師は、医療及び保健指導を掌握することによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、国民の健康な生活を確保するものとする」と述べています。
これは、医師の役割と責任が、医療の提供だけでなく、広範囲な公衆衛生の向上と国民の健康保持に関与することを明確にしています。

医師法による医療に対する制限

医師法の第17条と第18条では、医業とその称号に関して制限を設けています。
第17条では、「医師でなければ、医業を行ってはならない」と明記されています。

また、第18条では、「医師でなければ、医師あるいはこれに類似する名前を使用してはならない」と指示されています。

これらの条項により、医療の提供と医師という称号は、適格性を確認され証明された人々だけに限定されています。

医業の法的解釈

医業とは、患者が抱える病状の改善を目指す治療活動を指します。しかし、法的な視点から見ると、医業の定義はもう少し広範囲になります。
具体的には、医師がその専門的な知識や技術を用いて、人体に対して可能な危害を引き起こす、あるいは危険を引き起こす可能性がある全ての行為を指します。そしてこれらの行為は、一貫して継続する意志を持って行われるべきです。

以上のように、医師という職業は、その専門性と責任感が法律によって厳しく規定されています。そして、その職務は医療の提供だけでなく、公衆衛生の向上と国民の健康の維持に大きく貢献しています。

医師の役割 – 医学の知識を活用する業務

医師は、医学の知識を活用してさまざまな医療活動に関与します。
働く場所や専門領域により、その業務の具体的な内容は変わることがありますが、以下に一般的な医師の仕事内容を詳しく見ていきましょう。

患者の診察と病気の予防

医師の主な業務として最も一般的なのは、患者の診察です。病気や怪我を負った人々を診察し、問診や検査を通じて症状や病状を確認します。対処すべき部位や病名を特定するのも医師の重要な仕事です。

また、医師は一部の検査などについては、看護師や臨床検査技師など他の医療従事者と協力しながら実施します。医師が全体の医療行為に対応する一方で、具体的な検査作業は役割に応じた他の専門家が医師の指示に基づいて行うのが一般的です。

さらに、医師の役割として忘れてはならないのが、病気やケガの予防です。医師は患者に対して治療に必要な生活指導や、症状を悪化させないための注意点を伝えるのです。
例えば、健康診断や人間ドックで注意すべき点が見つかった場合、医師は予防目的で適切な指導を行います。

健康診断と人間ドックの担当

健康診断や人間ドックの実施にも関与します。問診、触診、医療機器の使用などを通じて、患者の体に問題がないかをチェックします。これらの検査結果を基に、患者の健康状態を評価し、必要なアドバイスを提供します。

患者の治療 – 投薬と手術

もし病気やケガが発見された場合、医師は患者を治療します。この治療は主に投薬治療手術に分けられます。その目的は、患者の健康状態を改善し、可能な限り早く回復させることです。

投薬治療では、内服薬、塗り薬、点滴、注射など、症状に応じた薬を選択します。
手術には、ケガの縫合、患部の摘出、レーザー照射などが含まれますが、これらは主に外科医が対応します。

一方、自然治癒や生活習慣の改善が必要な病気の場合、症状を抑える目的で投薬治療が行われることもあります。完治が難しい病気でも、適切な薬により、患者の生活の質を改善することが可能です。

研究医としての職務

全ての医師が患者の診察や治療に従事しているわけではありません。医師の中には研究医として働く人々もいます。これらの研究医は、大学や製薬会社などで新しい治療法や薬剤の研究開発を行っています。

具体的には、未知の病気の詳細を明らかにするために、患者から得たデータを収集し、主な症状や経過を研究することもあります。

研究医には必ずしも医師免許が必要というわけではありません。しかし、臨床研究を行いながら治療に関与する医師は、医師免許を取得する必要があります。

これらが医師の主な仕事内容です。
医師は患者の健康を守り、改善するために、日々、その知識と技術を活用しています。そしてその中には、新たな治療法や薬剤を開発するために研究に従事する医師もいます。

医師になるには

医師という職業に進むためには、数々のステップを踏んで進む必要があります。
その第一歩は、大学の医学部への入学です。しかし、これは容易な道のりではありません。医学部への入学は、激しい競争を伴う過程であり、これが最大の難関となります。

医学部教育と医師国家試験

医学部に入学した後、学生は6年間の教育を受けます。この期間中、学生は医療に関する幅広い知識と技術を学びます。その後、医師国家試験を受ける必要があります。この試験には、基本的な診療能力に関する出題のほか、医療倫理や患者の人権に関する問題も含まれます。

なお、医師国家試験には「禁忌肢問題」という特別な問題もあります。これは、医師として絶対にしてはならないことに関する問題で、4問以上間違えると(年度によって数は異なる)、その時点で不合格となります。

臨床研修医としての経験積み重ね

試験に合格した後は、研修医として実際の医療現場で働くことになります。この研修期間は、前期2年と後期3~5年に分かれており、実地での経験を通じてさまざまな診療科を学びます。

具体的には、前期の研修では、一定期間ごとに様々な診療科を回ります。これにより、様々な科についての基本的な知識と経験を身につけることができます。この期間中に自分が将来専門としたい診療科を選び、それを基に後期の研修に進むこととなります。

後期の研修では、選択した診療科に特化した内容で、指導医の下で学びます。ここで様々な臨床例を扱うことで、専門領域における深い知識と経験を得ることができます。

以上が、医師になるまでの一連の流れとなります。医学部への入学、6年間の教育、医師国家試験の合格、そして2年以上の臨床研修医としての経験。これらの過程を経ることで、一人前の医師としての道が開かれます。

医師の専門分野 – 豊富なラインナップとその特性

医師の役割は、身体の具体的な部位や疾患に対する診療科によって大きく変わるものです。今回は、その代表例をいくつかピックアップし、それぞれの特性について詳しく説明していきます。

外科: 手術のスペシャリスト

外科は主に、手術を用いて病気や怪我の治療を行います。ただし、「外科」という括りの中には、各種専門領域が存在します。具体的には、以下のような部門があります。

  • 消化器外科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器外科
  • 心臓血管外科
  • 気管食道外科

整形外科: 運動器の改善を目指す

整形外科は、「運動器」—つまり骨や関節、あるいはそれらを動かす筋肉など—の機能改善を目指した治療を行います。その主な対象部位としては、背骨や骨盤などの体の中心部と四肢があります。
症状としては、以下のようなものが診療対象となります。

  • 外傷全般
  • 打撲
  • 捻挫
  • 骨折
  • 脱臼
  • 関節痛
  • 四肢のしびれ

内科: 内臓と血液、神経の病態に対応

内科では、身体の内側(内臓・血液・神経など)の疾患を診療します。主に投薬による治療が中心ですが、外科同様にさまざまな専門分野が存在します。例えば、消化器内科呼吸器内科循環器内科神経内科などがあります。

小児科: 子どもの全般的な疾患をケア

小児科は子どもの総合的な疾患を扱う診療科です。対象とする年齢と扱う疾患が多岐にわたるため、豊富な知識が必要とされます。日本小児科学会では「0歳から成人するまで」を対象としていますが、医療機関によっては「15歳まで」といった上限を設ける場合もあります。

眼科: 目の専門家

眼科では、目に関連する疾患を専門的に診療します。その対象は乳幼児から高齢者まで、幅広い年齢層に及びます。精密な技術を要する手術も行います。

産婦人科: 女性と新生児の健康をサポート

産婦人科は、産科と婦人科を兼ね備えた診療科です。産科は妊娠・出産のサポートと母体・新生児のケアを、婦人科は子宮や卵巣など、女性特有の疾患を扱います。

耳鼻咽喉科: 耳、鼻、のどのトラブルを解決

耳鼻咽喉科は耳・鼻・のど等の疾患を中心に診療します。めまいや耳鳴り、アレルギーなどの内科的な治療の他、副鼻腔や耳の内部(内耳・中耳)、咽頭・扁桃などの外科的手術も行います。

皮膚科: 皮膚全体をケア

皮膚科では全身の皮膚や爪に関する症状を診療します。虫刺されから皮膚がん、美容医療まで、皮膚に関する疾患を全般的に扱います。男性が多い医師業界の中で、皮膚科医は女性が半数以上を占めています

精神科: 心の健康をサポート

精神科では、不安やイライラといった気分症状から、統合失調症やうつ病、発達障害、認知症といった疾患のケアを行います。また、アルコール依存症などの依存症も診療範囲に含まれます。生物学的な指標では症状を判断しきれない場合が多く、医師と患者との対話が大切になる診療科です。

麻酔科: 手術中の痛みと意識をコントロール

麻酔科の主な役割は、手術中の患者の痛みをコントロールし、時には意識を調整することです。また、集中治療部門(ICU)での病状管理や救急医療にも関与します。この診療科の医師は手術を円滑に進めるため、他の診療科の医師と連携を取る必要があります。

放射線科: 画像診断と放射線治療の専門家

放射線科は放射線を用いた画像診断と放射線治療を担当します。画像診断はX線、CT、MRI、超音波検査などが含まれます。また、がん治療に使われる放射線治療もこの診療科の重要な業務の一つです。

病理診断科: 疾患の正確な診断をサポート

病理診断科の医師は、組織や細胞の観察により疾患の原因を探し、正確な診断をサポートします。この診療科は直接患者と接することは少ないものの、病気の診断と治療方針決定に大きな影響を与えます。

以上のように、医師の専門分野は多岐にわたります。患者のニーズに応じて、最適な診療科を選択することが重要です。また、それぞれの診療科は他の診療科と協力しながら、患者の最善の利益のために働いています。

医師の日常: 一日のタスクとスケジュール

総合病院で働く内科医の場合

– 08:00: 外来の診療前準備と病棟診察
患者のカルテを確認して、外来診療の準備をします。この時間帯には、病棟の患者の診察も行われることがあります。

– 08:30: 院内ミーティング
医局や病棟での情報共有のためのミーティングが開催されます。

– 09:00: 外来診察開始
予約した患者を優先して診察し、その他の時間は予約外の患者の診察にあてられます。

– 14:00: 休憩
午前の外来診療が終わった時点で、少しの休息時間が設けられます。

– 15:00: 病棟診察
病棟での入院患者の診察が行われ、検査などが必要な場合はそれも進行されます。

– 18:00: 診察終了
病棟での診察が終わると、書類作成などの事務作業や追加の病棟診察が行われます。

– 19:30: カンファレンスと書類作成
医局や病棟毎に治療方針を検討するためのカンファレンスが開かれます。その後は、必要な書類の作成や検査報告の確認を行います。

– 21:00: 業務終了
病棟診察や緊急対応が必要なければ、次の日の予約患者のカルテを確認して業務を終えます。

開業医としてクリニックを経営する場合

– 08:30: 院内ミーティング
クリニックの運営や診療に関する情報を共有します。

– 09:00: 午前の外来診察開始
患者の診療を開始します。

– 14:00: 休憩
午前の診療が終わった後の休息時間です。

– 15:00: 午後の外来診察開始
午後の外来診療が始まります。曜日によっては、病棟診察や在宅訪問などが行われます。

– 18:00: 外来診察終了とその後のタスク
外来診察が終わると、書類作成や病棟診察などの他の業務が行われます。

– 19:30: カンファレンス(場合による)
必要に応じて、スタッフ間でのカンファレンスが開催されます。

– 20:00: 業務終了
その日の業務を終え、明日に向けての準備をします。

以上のように、医師の一日は多忙で、診療だけでなく、患者とのコミュニケーション、スタッフとのミーティング、書類作成など、様々な業務が含まれます。

医師として進む可能性のあるキャリアパス

医師として働くためのキャリアパスは幅広いです。大きく分けると5つのカテゴリー、すなわち臨床医研究医開業医企業その他のキャリアが存在します。また、フリーランスや副業、アルバイトのような形での働き方も可能です。それぞれのキャリアパスの特徴を以下に解説します。

臨床医のキャリアパス

臨床医とは、直接患者と接し診療を行う医師を指す。ほとんどの医師求人は、この臨床医を対象としています。臨床医となることで、大学病院や民間病院、クリニック、施設といった多種多様な勤務先で働く道が開けます。また、フリーランスやアルバイト、離島などの地方で働くことも可能で、キャリア選択の幅は非常に広いです。

研究医のキャリアパス

次に、研究医とは主に大学の医学部などで医療に関連する研究を行う医師を指す。研究医は大きく2つに分けられます。一つは、臨床現場と連携しながら研究を進める「臨床研究医」、もう一つは研究室で専門的な研究を行う「基礎研究医」です。最新の医学的知見を臨床、すなわち実際の医療現場に生かすための研究を行います。

開業医のキャリアパス

開業医とは、自身の病院やクリニックを経営する医師のことです。臨床医としての業務と並行して経営者としての役割も果たします。一方で、病院などで雇用される医師は「勤務医」と呼ばれます。時には、「雇われ院長」として、病院の経営には関わらず、医師としての業務に専念することもあります。開業医は全体の医師の約15%~20%を占め、特に美容・AGAなどの自由診療や、専門性を活かした診療を行う医師が増えています

企業医師のキャリアパス

医師の中には、医療現場での経験や専門知識を活かし、起業を選ぶ者もいます。例えば、再生医療や美容医療に関連した企業や、医療機関の開業支援を行う企業などがあります。また、週末起業といった小規模な試みから始めて、自身のビジネスを築く医師も増えています。

その他のキャリアパス

他にも医師が選べるキャリアは多種多様です。外務省の医務官、厚生労働省の医系技官、保健所の公衆衛生医師、医療機器メーカーや製薬会社のMD、企業の専属産業医などが存在します。また、海外のNGOやNPO、WHOなどの国際機関で働く選択肢もあります。その場合、語学力などの追加のスキルが必要となるでしょう。

医師のキャリア選択の豊かさ

以上のように、医師のキャリアパスは一口に言っても様々です。臨床医として働くもよし、研究を深めるもよし、自分のクリニックを持つもよし、企業を興すもよし、公衆衛生を担うもよし。医師という職業は、その豊かなキャリア選択が魅力の一つと言えるでしょう。

それぞれのキャリアにはそれぞれの役割と魅力があります。医師という職業を目指す高校生は、自身の興味や能力を見つめ直し、どのキャリアパスが自分に最も適しているか考えることが大切です。

医師のキャリア形成とスキルアップ:年代別視点

医師として成長していくためには、各年代における経験の積み重ねや新たなスキルの獲得、資格の取得が不可欠です。その観点から、各年代での重要なステップや取り組むべきことを以下に紹介します。

20代から30代中盤:基盤と専門性の形成

この時期は医師としての基礎知識を確実に身につけ、自身の専門性を築くために自己研鑽に励むことが特徴的です。重要なポイントとしては:

  • 旧制度の方は専門医資格の取得
  • 専攻医の方はサブスペシャリティ領域の専門医資格の取得

これにより、30代半ばには一定の権限を持った仕事を任されることが多くなります。その後、大学の医局に留まるか、あるいは勤務地や居住地の変更を考えるなどの選択が迫られます。

さらに、結婚や出産などの人生の大きな節目を迎えることが多い時期でもあり、職業生活だけでなくプライベートの面も考慮しながら未来設計を行う必要があります。

30代後半から40代:指導力とマネジメント力の養成

医師としての基礎知識や経験、資格を持つことで、後輩の育成やマネジメントといった役割を担う時期となります。主なポイントは:

  • 後輩の育成とマネジメントの能力
  • リーダーシップとコーチングのスキル
  • 組織活性化につながるスキルの獲得

この年代では単純に患者の診療を行うだけでなく、組織全体を考える力が求められます。また、自身の開業、転科、転職といったキャリアの大きな転換点となる可能性も高いため、この時期までには自身のキャリアパスの方向性を見定めることが重要です。

50代:組織内のリーダーシップとキャリアの集大成

50代は医師としての経験と知識が集約され、最も活躍できる時期となります。組織内でも重要なポジションを任されることが増えます。この年代では:

  • 組織内でのリーダーシップの発揮
  • キャリアの集大成の計画
  • 定年後の生活設計

を考える必要があります。早期退職を選択するFIREなどの選択肢も存在します。また、医療機関によっては再雇用制度を利用して65~70歳まで現役を続けることも可能です。しかしながら、転職市場の状況を考慮すると、このような環境への移行は50代のうちに検討することが望ましいでしょう。

医師と一般サラリーマンの生涯年収比較

30年間の労働生活を考えたとき、医師の生涯年収の平均は約3.7億円から9億円と試算されます。これは勤務医の平均から開業医の平均に基づいたものです。一方、一般のサラリーマンの場合、国税庁の調査データによると、平均年収は約467万円で、これを基に生涯年収を計算すると約1.4億円となります。

この比較から、医師の年収は一般的には高いと判断できます。勤務医と開業医の間で年収の差が見受けられ、特に開業医の年収は勤務医よりも高い傾向があります。また、診療科ごとにも平均年収に差が見られます。

診療科ごとの平均年収と生涯年収

  • 脳神経外科医: 年収約1,480万~3,000万円、生涯年収約4.4億~9億円
  • 産婦人科医: 年収約1,466万~3,000万円、生涯年収約4.4億~9億円
  • 外科医: 年収約1,374万~2,500万円、生涯年収約4.1億~7.5億円
  • 整形外科医: 年収約1,289万~2,500万円、生涯年収約3.9億~7.5億円
  • 内科医: 年収約1,247万~2,700万円、生涯年収約3.7億~8.1億円
  • 精神科医: 年収約1,230万~1,600万円、生涯年収約3.7億~5.8億円
  • 小児科医: 年収約1,220万~3,000万円、生涯年収約3.7億~9億円

医師の生涯年収が高い背後の理由

医師の生涯年収が高いのには、主に以下の3つの理由が挙げられます。

  1. 需要と供給のバランス
  2. 重大な責任が伴う仕事
  3. 24時間体制の厳しい勤務形態

需要と供給のバランスによる年収

医師は一生のうちに、多くの人が頼りにする職業です。特に日本の人口は高齢化が進み、高齢者が増えるほど、医療機関を利用する機会が増えます。また、若い人でも突然の病気や事故に見舞われることはあります。さらに、企業の福利厚生として、企業の健康管理のために産業医が導入されることも増えています。これらから、医師の需要が高いと言えます。

医師の責任と報酬

医師は、人命を預かるという大きな責任が伴う仕事です。その医師の判断一つで、患者の治療や手術、投薬が行われます。何か問題が発生した場合、医師が最終的にその責任を負うこととなります。このように重大な役割を果たすため、それに見合った報酬が設定されていると言えます。

24時間体制と医師の報酬

医師は、急患や入院患者の容体変化に備えて、24時間体制での勤務を求められることがあります。これは、人命に関わる仕事であるため、すぐに対応しなければならない事態が生じる可能性があるからです。このような厳しい勤務体制が反映され、医師の給料は高く設定されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

求人サイト「げんきワーク」や 副業マッチングサイト「カセグー」など、仕事に関するメディアを複数展開している げんきグループ。
その中でも特に”職業"について詳しいメンバーが執筆しています。

目次